So-net無料ブログ作成

妊婦の胃痛 対策は? - 薬を飲まずに和らげる方法やコツ [内臓の痛み]

妊婦さんの胃痛の原因や対策はどんなものがあるでしょうか。薬を飲まずに和らげる方法やコツをご紹介します。

itsuu1.jpg

1. 妊婦さんの胃痛の原因

妊婦さんはよく胃が痛くなるといいます。
私の知り合いでも妊婦さんは、ほぼ必ず
胃が痛くなっていたような気がします。

これはどうしてなのでしょうか。


ホルモンバランスによるもの

まず第一にホルモンバランスの変化です。

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が活発になります。
胎児を育てるためにさまざまなホルモンが増えるんですね。

例えばゴナドトロピンというホルモンは非常に多くなります。
これはつわりの原因のひとつとも言われています。

体内の均衡が乱れるので気持ち悪くなったり
吐き気により吐いてしまいます。

吐くとどうしても胃酸が食道を通過しますし、
胃が荒れやすくなります。
そうなると胃痛が出やすくなるんですね。


食道や胃の状態変化

これもホルモンバランスの変化によるものなのですが、
黄体ホルモンという女性ホルモンは、筋肉の緊張をゆるませる働きがあります。

妊娠するとこの黄体ホルモンが増加し、
子宮筋をゆるませ、胎児の成長がしやすくなります。

筋肉をゆるます副作用として、
食道と胃の接続部もゆるみやすくなると言われています。

そうなると胃酸が食道に逆流しやすくなるんですね。
これもまた胃痛の原因になったりします。


ストレスや自律神経

体内のバランスが乱れるということは、
精神的にもバランスを崩しやすくなります。

特に妊娠中は、いろいろなことに気を遣ったり、
心配したり、あるいはイライラしたりしてしまいます。

そうなると胃腸に影響してしまうんですね。

妊娠していなくても、
精神的な負担というのは胃痛を引き起こしやすいものです。
それは自律神経、つまり交感神経と副交感神経の
バランスも乱してしまうんですね。

自律神経というのは胃や腸などの
消化器の働きに密接にかかわっていますから、
負荷が大きいと胃が痛くなります。

また、妊娠後期の、大きくなったお腹の胃への
圧迫ストレスも胃痛を引き起こしやすくなるでしょう。


後半へ続く



スポンサーリンク









2. 妊婦さんの胃痛の対策

胃痛の対策方法としては、いろいろありますが、
やはり妊婦さんですので薬はできれば飲まないで対処できる方法がよいでしょう。


少量の食事を複数回に

昔から言われているのがこれです。
一度にたくさん食べて満腹になると、
やはり胃への負担も大きくなります。

そうすると胃酸もさかんに分泌されますから、
胃痛になりやすいんですね。

ですので少量の食事をこまめにとると良いでしょう。


消化の良いものをとる

これは当然のことではありますが、
消化が悪いものは消化器に負担がかかります。

脂肪分の多いものや刺激物は避けた方が良いでしょう。

妊娠すると酸っぱいものが食べたくなりやすいですが、
柑桔系の果物の酸は妊娠中の胃腸には負担になるかもしれません。
カフェインやアルコールももちろんやめたほうがいいですね。

胃腸に優しいのは、ヨーグルトミルク、とよく言われます。
胃酸をコントロールしてくれる働きがあるそうです。

胃酸過多といえば、カキ(牡蠣)もいいみたいですね。

牡蠣については
こちらの記事もご参照ください。

 ⇒ 妊婦の食事に牡蠣は?


そして、消化を助けるには「よく噛む」ことです。
よく噛めば唾液が多く分泌されますし消化がよくなるでしょう。

また、胃酸過多はビフィズス菌によって腸内環境を整えることで
胃も腸も落ち着き、消化の働きも安定することが多いようですね。

ビフィズス菌はヨーグルトなどで摂ることができますが
サプリメントも効果的でしょう。

薬と違ってサプリメントなら
妊娠中でも大丈夫なものが多いですね。


姿勢や態勢での注意点

これもよく言われますが、
食後にすぐに横にならない方がよいでしょう。

やはり食べたものの逆流を防ぐために、
食後すぐは座った姿勢がいいと思います。

横になるのは、食後1時間以上経過し
食べたものが胃から腸に移ってから
がいいでしょう。

さらには、かがむ姿勢もよくないですね。
ものを拾うときは面倒くさくても腰を落として拾うようにしましょう。

もちろん、お腹への圧迫は避けるべきですね。


お腹を圧迫しないために、そして
イライラの解消のためには
ゆったりとくつろぐことも重要です。

リラックスについては、この後で書きますが
ゆったりとくつろげるように
クッションを使って寝そべるといいですね。

お腹の赤ちゃんを気づかった
こんな便利グッズもあるようです。

 ⇒ 妊婦さん用エアクッション「holo」とは?

これはなんと「うつぶせ」になれる
クッションなんですね。

かなり快適かもしれません。


薬を使わない方法を試してみる

胃酸の食道への逆流が繰り返されると
すっぱいゲップがこみ上げたり

胸焼けや不快感が
クセになってしまうんですよね。
こうなるとなかなか治りにくいかもしれません。

逆流性食道炎
このようにして進んでしまいます。

胃痛や胃部不快感のうちに
なんとか対処したいものですね。

妊婦さんの胃痛ですから、
薬を使わずに解消できればいいですね。

実は、「日本の名医50人」に選ばれた
福辻鋭記という先生が、この
"薬を使わない画期的な胃痛改善の方法"を
発表されています。

これを試してみるのもいいかもしれませんね。
こちらです。

 ⇒ 日本名医の薬を使わない胃痛改善策


リラックスする

ストレスや心配事をやわらげるためにも、
リラックスできる時間を持つといいでしょう。

本を読むのも、音楽を聴くのもいいですね。
お風呂にゆっくり入るのもいいでしょう。

お腹をあたためるのは
お腹の赤ちゃんのてめにも良いとされますので。


それから、鍼灸治療マッサージなども非常に効果的です。
体の緊張をほぐしたり、バランスを調整してくれますので。

特に「お灸」は妊婦さんにはとてもいいんですね。
ホルモンバランスを整えたり、安定した妊娠期間の手助けをしたり、
逆子(さかご)を治したりできるんです。


あと、妊娠中はお腹が大きくなってきますし
腰が痛くなることが多いですね。

妊婦さんには腰痛がつきもの、とよく言われます。

腰痛は本当につらいですよね。
痛みがひどくなる前に
予防や対策をしておくとよいでしょう。

妊婦さんの腰痛対策については
別の記事で書いてありますので是非ご覧下さい。

 ⇒ 妊婦さんの腰痛の原因とその解消法

腰の痛みを治すことで
胃の痛みもすっきりすることもあるようです。

やはりリラックスすることと体のケア
大事ですね。


以上、妊婦さんの胃痛の原因と対策方法でした。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


関連記事
「妊婦さんの胃痛の食事対策は?」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-18
ninpushokuji1.jpg

「妊婦の胃痛と背中痛があるときの原因は?」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-26
itsuugirl3e.jpg


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。