So-net無料ブログ作成

妊婦さんの胃痛の食事対策は? [内臓の痛み]

妊婦さんの胃痛はよく聞きますが、食事など対策はどうすればよいでしょうか。

ninpushokuji1.jpg

1. 妊婦さんの胃痛

妊婦さんの胃痛は、以前の記事でも書きましたが、
ホルモンバランスの変化を始め、さまざまな体調の変化で引き起こされます。

胃が痛くなると食欲も低下してきてしまいますが、やはり程よく食事はとったほうがいいですよね。

基本的には消化のよいものということなのですが、人によって好みもありますし、姙娠前に好きだったものが嫌いになるということもよくあります。

よくオススメで話題になるのがヨーグルトですね。
ヨーグルトは消化も良いですし、適度な酸味もあり、胃酸を和らげてくれる可能性もあります。

ほかにもいろいろありますので確認してみましょう。


2. 妊婦さんの胃痛を和らげる食事

いくつか例をご紹介します。
お口に合うものをお選びいただければと思います。


ヨーグルト
 上に書きましたとおり、妊婦さんにはまずヨーグルトがおすすめです。
 飲むタイプでも、食べるタイプでもお好きな方でかまいません。

牛乳
 牛乳はヨーグルトと並んで人気ですね。
 ただ、苦手な人や、おなかを壊してしまう場合もありますので注意してください。

大根おろし
 適度な苦味と水分が消化を助けると言われています。

キャベツ
 適量は胃にとてもいいです。葉酸やキャベツのビタミンKは胃痛の市販薬の原料でもありますね。

フルーツ
 オレンジやグレープフルーツなどの柑桔系は妊婦さんに好まれますが、適度な量にしてください。
 ビタミンCも体にいいですね。

緑黄色野菜
 消化は必ずしも良くはないですが、やはり栄養素という意味では欠かせないでしょう。
 生よりもスープにした方が消化はいいですが栄養分は逃げ易いのでスープも飲むようにしましょう。

ナガイモなどイモ類
 すりおろしたものを食事にすると消化もよく、栄養素になりますね。

主食系
 ご飯やパンは人によって全然食べられなくなるケースもありますが、少量をうまく摂るようにしましょう。

その他
 卵や肉類は必ずしも消化が良いとはいえませんが、雑炊に加えたり工夫してみるとよいでしょう。


ほかにもいろいろありますが、基本的に食べたいものを適量に、という感じですね。
あと、注意点などもありますのでこのあとご紹介します。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 妊婦さんの食事の注意点

消化によくないものの代表としては、肉類や脂肪分の多いものですね。

揚げ物などはあきらかに食事のあとに胃もたれや胃痛がおきます。

でも食べたくなる場合もありますので、少量を食べるようにしてください。

そしてフルーツなども一緒にとるようにしましょう。


野菜がいいということでサラダを食べますが、ドレッシングなどはなるべくノンオイルのものがいいですね。

やはり脂肪分は消化しにくいですので。


あとよく言われるのが、満腹になるまで食べない、ということです。

もともと胃痛があって食べれないものですが、食事を抜いたりして空腹になるとつい満腹になるまで食べてしまいがちです。

気をつけるようにしましょう。


胃痛がひどいときは食事を抜く人もいますが、そのためにさらに胃酸が多く分泌される場合もありますので、注意してください。

そういうときこそ牛乳やヨーグルトがよいでしょう。


以上になりますが、ご自身に合うものをみつけて試してみてください。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


関連記事
「妊婦の胃痛 対策は? - 薬を飲まずに和らげる方法やコツ」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-09
itsuu1.jpg

「妊婦さんの腹痛の原因あれこれ」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-20
ninpufukutsuu1.jpg

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。