So-net無料ブログ作成

妊婦さんの恥骨痛の原因と対策は? [関節・筋肉の痛み]

妊婦さんの恥骨痛の原因と対策にはどのようなものがあるでしょうか。

ninpuchikotsu1e.jpg

1. 妊婦さんの恥骨痛

妊娠すると恥骨が痛くなるケースが多くあります。

理由は妊婦さんのホルモンバランスの変化なんですね。

妊娠すると妊婦さんの体は女性ホルモンが多く分泌されます。

特に黄体ホルモンが有名です。

これは体の筋肉やじん帯といわれる部分をゆるくする作用があるホルモンなんですね。

胎児が大きくなるのに備えて骨盤を大きく、そしてゆるくしておくわけです。

もちろん出産のときにも大事ですね。


そして恥骨は下腹部のちょうど股の部分の骨です。

この骨の真ん中は、「恥骨結合」というじん帯で骨と骨がつながっているんですね。

つまり真ん中で分かれているんです。

妊娠するとこの恥骨結合の部分がゆるくなるので、出産のときに産道が広く大きくなるわけです。

ということは、この恥骨結合に変化が起きて、広がるために「痛み」として感じる場合が多くなるんです。

これが恥骨痛の原因ということになります。


2. 恥骨痛を感じる状況

恥骨痛を感じる妊婦さんは、ももを大きくあげたり、両足を開いたとき、ひどいときは単に歩くだけでも痛むことがあります。

妊娠初期にも起きますし、おなかの赤ちゃんが大きくなって妊娠後期にもこの恥骨痛は発生するんですね。

おなかの赤ちゃんの状態によってこの痛みがひどくなったり、軽くなったりするようです。

ではこの恥骨痛が出たらどのように対処すればよいでしょうか。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 妊婦さんの恥骨痛の対策

恥骨痛が起きて医者にいっても相手にされないことがあります。

それだけ妊婦さんにとって一般的なことなんですね。

ですのでお医者さんとしても、「耐えるしかないですよ」と言う場合もあるんだそうです。

よく言われるのが、骨盤体操です。

腰を大きく回すことで、ストレッチ効果と同時に、血流改善になるようです。

こうすることで恥骨痛が軽減するケースが多いようです。

あるいは、軽いスクワットを無理のない程度に5~6回実施すると良くなるケースもあるようです。

それでも改善しない場合は「骨盤ベルト」を使うといいかもしれません。

マタニティーグッズとしてお店にありますから、赤ちゃんが大きくなってきたとき、痛みが強いときには効果的かもしれませんね。

お大事にしてくださいませ。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


関連記事
「妊婦さんの筋トレ方法 - 腰痛や肩こり対策に」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-16
ninpukoshi2e.jpg

「妊婦さんの腰痛の原因とその解消法にはどのようなものがあるのでしょうか。」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-05-1
ninpuyoutsuu1.png

「妊婦の腰痛や肩こりに湿布は安全?」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-15
ninpuyoutsuu2e.jpg


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。