So-net無料ブログ作成

矢沢心さん妊娠第2子は前置胎盤 [内臓の痛み]

魔裟斗さんの奥さんの矢沢心さんが公表した前置胎盤とは何でしょうか。

ninpu04e.jpg

1. 矢沢心さんが前置胎盤


今年6月に第2子の妊娠を公表した矢沢心さんですが

前置胎盤(ぜんちたいばん)

とのことで発表がありました。
最近の検査結果で判明したようですね。

今回の妊娠では以前から「胎盤の位置が低め」と
お医者さんから言われていたんだそうです。

特に痛みもなく経過観察だったようですがここへ来て
そのような診断がされたわけですね。

この「前置胎盤」というのはどんなものなのでしょうか。


2. 前置胎盤とは


前置胎盤というのは

胎盤が通常より低い位置で付着し
 子宮の出口にかかったり覆っている状態


なんですね。
つまり、赤ちゃんが出てくる出口を
「ふさいでしまう」か
「少しふさいでしまう」
ということなんですね。

赤ちゃんの通り道をふさいでしまうわけですから
スムーズに赤ちゃんが通れない
ということになります。

その、子宮の出口をふさぐ度合いによって
大きく3つに分類されるんですね。

出口を全部ふさいでしまうと「全前置胎盤」です。

部分的なら「部分(一部)前置胎盤」、

出口付近だと「辺縁前置胎盤

ということになります。

このような状態になると
どうなってしまうのでしょうか。

矢沢心さんの健康面は大丈夫なのでしょうか。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 矢沢心さんの前置胎盤


矢沢心さんは「辺縁前置胎盤」とのことです。
少しだけ出口にかかっている状態
だそうですね。

ということは場合によっては
胎盤の位置が経過とともに上がる
かもしれない状況だそうです。

通常、前置胎盤になると
帝王切開ということになるそうですね。

しかし「ふさぎ具合」によっては
大丈夫なこともありますし
実際に胎盤が移動することも
多いという話も聞きます。

矢沢心さん自身は
こればっかりはどうしようもない
とおっしゃっているそうですが
本当にそんな気持ちでしょうね。

また、前置胎盤は
痛みを伴うこともあるそうで
お腹がチクチクと痛む人もいるそうです。

矢沢心さんは今のところ痛みは
なさそうですので
このまま胎盤が 上に移動してくれれば
通常の出産ができる
かもしれませんね。

そうなることを祈っています。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


関連記事


「妊婦さんの腹痛の原因あれこれ」
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2014-06-20
ninpufukutsuu1.jpg

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。