So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の動悸 対処は? [内臓の痛み]

妊婦さんの動悸での対処法はどんなものでしょうか。

ninpuyoko1.jpg

1. 妊婦の動悸・息切れ


妊婦さんで動悸や息切れを経験する人は
かなりいるそうですね。

動悸とはご存知のとおり
心臓がどきどきしてしまうあの現象です。

それに伴って息切れも起きたりします。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
実は妊婦さんならではの原因があるんですね。

妊婦さんの動悸は
宿命といってもいいかもしれません。


2. 妊婦の動悸の原因


もともと、動悸になる原因としては
妊婦さんでないとしたら心臓の問題ですね。

一言で心臓の問題といっても
血流の問題であったり、心臓の壁の
筋肉の問題であったりとさまざまです。

妊婦さんの場合は「血流の問題」なんですね。

それは、お腹の赤ちゃんに
血液を送り込むためです。

今までの自分の体以上の体積に
血流を起こすわけですから
当然といえば当然です。


特に胎児が大きくなり始める
妊娠前期から中期にかけて
動悸が出ることが多いようです。

血液を送り行き渡らせる範囲が
大きくなるのに大して
血液の量はそれほど増えません。

相対的に貧血になるわけですね。

そうすると赤血球が足りませんから
酸素を満遍なく運ぶことができず
酸素不足によりお母さんが息切れを起こす

こういう流れだと言われています。


では妊婦さんが動悸になったら
どう対処すればよいのでしょうか。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 妊婦の動悸の対策は?


まず、動悸を感じたら慌てずに
深呼吸をすると良いでしょう。

落ち着くだけでも副交感神経が働き
リラックスできます。

心配したりドキドキしたり
あるいはイライラしてしまうと
交感神経が働き、逆に良くないんですね。


そして立っているなら座りましょう。

また、寝転ぶことができるなら
寝転んだほうがいいですね。

横向きに、心臓を下にするために
左横向きにします。

こうすることで心臓の負担を減らせるんですね。

さらに肘やひざを自然に曲げると
とても楽な姿勢になります。

これを

シムスの体勢」とか

シムスの体位」と言うんですね。

イギリスの婦人科医の
名前から取ったそうです。
正確には「シムズ」さんだそうですが。

是非お試しください。


あとは、日ごろの食生活も
栄養不足にならないようにしたり、

それから、やはり夜はぐっすりと眠れるように
努力されるといいですね。

お大事にしてくださいませ。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました