So-net無料ブログ作成

妊婦の食事に牡蠣は? [内臓の痛み]

妊婦の食事に牡蠣は食べていいのでしょうか。

kaki01a.jpg

1. 妊婦の食事に牡蠣


妊婦さんが牡蠣(カキ)を食べていいかどうかについては
結論としては「いい」です。

ですがしばしば話題になるのは
カキの食中毒の件ですね。

妊婦さんが食中毒を起こすと
いろいろと大変ですので
牡蠣は食べないほうがいい

などと言われることがあります。

でもこれは、「生牡蠣は食べないほうがいい」
ということなんですね。

食中毒になると腹痛が激しくなり
体力も消耗しますので体にも影響します。


2. 牡蠣の栄養


食中毒になるのは別に
妊婦さんに限ったことではありません。

誰でも起こりうることですよね。

ということは、妊婦さんが牡蠣を食べるなら
きちんと調理したほうがいい
ということなんです。


牡蠣は「海のミルク」としても有名ですよね。

本来なら栄養満点
とても体にいい食材なんです。

牡蠣には数多くのミネラルが含まれています。
ビタミンも豊富なんですね。

よく言われるのがカルシウム
イライラした時にいいとされています。
神経を沈静する作用があるそうですね。

また、牡蠣には
胃酸を中和する作用があるそうですね。

ということは胃酸過多による胃痛
胃潰瘍その他の胃炎には
牡蠣はとてもいい食材ということになります。

そして元気のもとであるタウリン
なども含まれています。

そういえば漢方薬に「ボレイ」という
生薬(しょうやく)があるのですが

これはまさに牡蠣なんですね。
ボレイは「牡蛎」と書きます。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 妊婦の食事での牡蠣


ということは、よく火を通す
ということで牡蠣は、逆に
どんどん食べていいと思います。

一般的には85度~90度くらいで
1~2分、煮るなり火を通せば
まず問題はない、と言われてます。


ただ、カキフライには
注意したほうがいいですね。

カキフライは実際には
すこしトロっとした食感を出すために

火を通しすぎない傾向にあるからです。


となると、食中毒の危険性が
ゼロではないということです。


そもそも胃痛を起こしやすい妊婦さんですから
揚げ物は苦手になる場合が多いですね。

ですのでそのあたりも注意しましょう。


まとめますと、
妊婦さんの食事に牡蠣はOK、
しかし「よく火を通す」

ということになります。


【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。