So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の花粉症と点鼻薬 [心の痛み]

妊婦さんの花粉症で点鼻薬は使ってよいのでしょうか。

kushami02a.jpg

1. 妊婦さん花粉症


すっかり花粉症の季節になりましたが
妊婦さんにとってももちろん
花粉症の症状はつらくていやなものですね。

目や鼻のトラブルは集中力が落ち
イライラしますし
ストレスも溜まります。

特にお薬を使ってはいけない妊婦さんですから
飲み薬でない目薬や点鼻薬を使う場合でも
気を遣いますよね。

妊婦さんの花粉症の目薬については
以前の記事でご紹介させていただきましたので
こちらの記事をご参照ください。

 ⇒ 妊婦の花粉症の目薬「アルガード」や「パタノール」


ここでは点鼻薬について
考えてみましょう。

花粉症によるアレルギー症状で
くしゃみや鼻水、鼻づまりも
とてもつらいものですよね。

そんなときに点鼻薬
シュッと鼻の中に噴霧すると
スッキリします。


2. 点鼻薬について


点鼻薬と一口に言っても
大きく3種類があるのをご存知でしょうか。

次のようなものです。

(1)血管を収縮させるタイプ

(2)ステロイド系

(3)抗アレルギー系



これらはそれぞれ
鼻の中の炎症を抑える働きが
あるんですね。

鼻水や鼻づまりは
結局は鼻の中の炎症です。

炎症というのは簡単に言うと
腫れ (はれ)」ということですね。

鼻の粘膜が腫れあがって
空気が通りにくくなっている状態が
鼻づまり」です。

そして腫れていることで
粘膜が「大騒ぎ」となって
粘液を出し続けている状態が
鼻水」ということです。

この粘膜が腫れあがっている正体は
血管拡張」なんですね。
血管が広がることで腫れが生じます。

これを薬で抑えるわけですが、
血管そのものを収縮させるタイプが
上記の(1)です。

ステロイドによって
炎症を鎮めるタイプが(2)で

人の免疫体系に働きかけるのが(3)
ということになります。

市販の薬では(1)や(2)が多いようですね。


後半へ続く



スポンサーリンク









3. 妊婦さんの花粉症への点鼻薬は?


では妊婦さんに大丈夫な点鼻薬というのは
どれなのでしょうか。

結論から申し上げれば
絶対だめというものはない
という感じです。

というのも、どれも
基本的には鼻の中だけに作用する薬ですから

妊婦さんの体全体に行き渡ったり
ましてやお腹の赤ちゃんに影響する
なんていうことはまずないわけですね。

鼻の中だけの作用ということで
局所的な作用」といいますが
まず大丈夫でしょう。

長期的な使用はもちろん
控えたほうがいいですけれども。


そうは言っても妊娠中はやはり
お医者さんの指導のもと
確認しながら使用するとよいと思います。

市販の点鼻薬にも
使用上の注意にはやはり

妊娠中は医師に相談してください

などと書いてあると思いますので
医師に相談するとよいでしょう。

市販の薬の場合も
購入する際に店頭の薬剤師
相談するとよいでしょう。


花粉症のつらい時期に
どうしても我慢できずに
数回使用する分には大丈夫だと
お医者さんもおっしゃると思います。

それでも確認は大事ですね。


そのほかにも
妊婦さんの痛みに関する情報について
下記の「もくじ」ページでご紹介していますので
是非ご覧いただければと思います。

それではお大事にしてくださいませ。

  ↓ ↓ ↓ ↓ 

【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。