So-net無料ブログ作成

妊婦の花粉症の薬にタリオンは? [心の痛み]

妊婦の花粉症に対する薬としてタリオンはどうなのでしょうか。

kusuri001a.jpg

1. 妊婦さんの花粉症の薬


妊婦さんの花粉症の薬については
以前も目薬や点鼻薬をご紹介しました。

それらについては
こちらをご覧ください。

 ⇒ 妊婦の花粉症と点鼻薬

 ⇒ 妊婦の花粉症の目薬「アルガード」や「パタノール」


目薬や点鼻薬であれば妊婦さんであっても
局所的、つまりその部分に働く薬ですので

全身に渡って作用があるわけではありませんから
そんなに心配することはないんですね。


これが飲み薬ということですと
少し話は違ってくるでしょう。

飲んで胃腸で吸収して
血液に入って全身を巡る薬ですから
慎重にしなければなりませんよね。

お腹の胎児に対する影響というものも
気になるところです。


2. 妊婦さんの花粉症の飲み薬


花粉症の飲み薬としては
いろんな種類のものがあります。

よく聞くものとしては
アレロック、アレジオン、
アレグラ、ジルテック
などですね。

抗ヒスタミン剤とか
抗アレルギー剤という種類の薬
ですね。

厳密にはこの2種類は違いますが
アレルギー症状を抑える
という意味では共通しています。

これらのものは
基本的には妊婦さんが服用しても
大丈夫と言われています。

ただ、念のためお医者さんに相談
ということを注意しておきましょう。

では「タリオン」という薬は
妊婦さんの花粉症には
どうなのでしょうか。


続きは「3. 妊婦さんの花粉症の薬「タリオン」」へ



スポンサーリンク









3. 妊婦さんの花粉症の薬「タリオン」


タリオンという薬は
比較的新しい薬です。

アレルギーの原因となる物質
ヒスタミンの作用を
抑える薬といってもいいでしょう。

その効果もなかなか良い
ということで評判ですが

眠気が強い」とも言われています。

ヒスタミンの作用を抑えるから
なんですね。


実はヒスタミンは悪いものではなく
体にとってはいい面もあります。

ヒスタミンは集中力を高めたり
活動的にさせる作用があるのですが

このヒスタミンが
アレルギーを引き起こすからと
薬で抑えてしまうと

集中力が散漫になり
活動的でなくなるために
結果的に「眠くなる」んですね。


「アレグラ」などの薬は
眠くならないという評判もありますが
その分、ヒスタミンを抑える作用が弱い
といえます。

ですので、タリオンは
アレグラに比べると効果が高い

しかしながら「眠くなりやすい
ということなんですね。

もちろん人によって効き目に
個人差があるかと思いますが

この薬が妊婦さんにどうか
ということについては
やはり他の薬と同じで

基本的には問題がないけれども
医師に相談したほうがいいでしょう。


間違って飲んでしまった」程度なら
心配は要らないと思います。

特に妊娠中期以降であれば
まず大丈夫でしょうね。


花粉症の症状のつらさ次第
ということになるでしょうか。

つまり必要最低限の使用ということで
検討してみるといいんですね。


ほかにも妊婦さんの痛みに関する情報について
下記の「もくじ」ページでご紹介していますので
是非ご覧いただければと思います。

それではお大事にしてくださいませ。

  ↓ ↓ ↓ ↓ 

【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。