So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の動悸 対処法のツボ [内臓の痛み]

妊婦さんの動悸について、対処法となるツボなどをご紹介します。

ninpudouki1a.jpg

1. 妊婦さんの動悸


妊婦さんの動悸
妊娠の時期にもよりますが

かなりの確率で
起こると言ってもいいでしょう。

動悸とセットで
息切れなんかも起こったりします。

妊婦さんの動悸については
以前の記事もご参照ください。

 ⇒ 妊婦の動悸 対処は?


上の記事では、動悸の対処法として

深呼吸をすること

シムスの体勢をとること

これらが重要とお伝えしました。
今回は体のツボをご紹介したいと思います。


2. 妊婦さんの動悸のツボ - 内関 神門


動悸の原因としては
血流や血圧の問題と

心臓そのものの問題と
あるようですね。

東洋医学の考え方として
心臓や肺に関連するツボは
手や腕にあることが多いです。

ここでは内関(ないかん)と
神門(しんもん)という二つのツボを
ご紹介します。


◆内関 (ないかん)

まずは内関ですが
場所は、手首の線の手のひら側の中央から
肘に向かって2寸 (4~5センチ程度)
のところにあります。

ここは「酔い止めのツボ」や
吐き気に対するツボ」
として有名です。

乗り物酔いのときにも
ここを軽く押さえると良いでしょう。

動悸が出たら
左右どちらかの
この内関(ないかん)というツボを
数分ほど軽く押さえましょう。

左右のどちらかを決めるには
両方押してみて
より「感じが強い方
がいいかもしれません。


◆神門 (しんもん)

神門もやはり
手首の近くにあります。

手首の線のてのひら側で
小指からの延長線のあたりです。

小指から手首に
まっすぐ線を下ろして
手首の線とぶつかった所
としてもよいでしょう。

ここをやはり左右どちらか
数分間押してみます。

深呼吸をしながら
やってみるといいですね。


続きは「3. 妊婦の動悸の対処法 - 背中のツボ」へ



スポンサーリンク









3. 妊婦の動悸の対処法 - 背中のツボ


動悸の対処法のツボとしては
背中にもあります。

ただ、背中ですと
自分では押せませんので
誰かに押してもらうか

あるいはツボ押し器具や
ゴルフボールなどを使用して

あお向けでツボ刺激をすると
いいかもしれません。


◆心兪 (しんゆ)

心兪は背中の
ちょうど心臓の真裏にあるツボです。

左右どちらにもツボはありますが
左側の方がいいかもしれません。

どきどきとする心臓の
真裏の背中の部分を
ツボ押しするといいでしょう。

誰かに撫でてもらっても
いいと思います。

左右の肩甲骨の内側で
凝っていることも多いですので
軽く押すと、心地よいかもしれません。

動悸が出たらやはり数分程度
押すか撫でるかしてもらいましょう。

仰向けでゴルフボール
心兪のあたりにセットして
ツボ押ししてもいいですが
「やりすぎ」には注意しましょう。


ほかにも妊婦さんの痛みに関する情報について
下記の「もくじ」ページでご紹介していますので
是非ご覧いただければと思います。

それではお大事にしてくださいませ。

  ↓ ↓ ↓ ↓ 

【妊婦の痛み解消ブログの目次はこちら】
http://ninpunoitami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
ninpmokujipic1.jpg


スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました